売れ残りの割引き

ある店で、原価1000円の商品に2割の利益を見込んで、

定価をつけたが、売れ残ったので3割引きにして売った。

売値はいくらか。

損益解答ⅲ

1000×1.2=1200

1200×0.7=840

答え.840円

割合を先に計算する方法

1.2×0.7=0.84

1000×0.84=840

価格と個数がわかっている

ある店で、原価200円の商品を100個仕入れた。

2割の利益を見込んで定価をつけたところ、20個売れ残った。

残りの商品を定価の3割引きで売ったとき、利益はいくらか。

損益解答ⅳ

40×80+(-32)×20=2560

答え.2560円

原価がわからないとき利益率を求める

ある店で、商品を定価の40%引きで売ると、原価の20%の利益が得られた。

この商品の定価は原価に何%の利益を見込んでつけたか。

損益解答ⅴ

原価がわからないときは原価を1000円としてみましょう。

1000×1.2=1200

1200÷0.6=2000

定価は2000円となります。

2000÷1000=200

200-100=100

100%の利益を見込んで定価をつけたことがわかります。

答え.100%

原価がわからないけど利益または損がわかっている

ある店で、商品に原価の2割の利益を見込んで定価をつけた。

しかし、売れないので定価の5割引きで売ったところ、100円の損が出た。

この商品の原価はいくらか。

損益解答ⅵ

原価がわからないので1000円としてみましょう。

1000×1.2=1200

1200×0.5=600

1000-600=400

原価を1000円としたとき、損が400円でることになります。

実際は100円なので、原価が250円だったことがわかります。

答え.250円