確率 まとめ

2020年9月7日

確率は場合の数の応用と考えるとわかりやすいんだ。
確率を求めるには、分子になる場合の数と分母になる場合の数を計算しよう。

確率は日常でもよく使うけど、実際に自分で計算するとさっぱりなんですよ。

私も何となくごまかしてきたところが多いかな。
確率が場合の数の応用だと思えば、気が楽になるわ。

2種類の場合の数を計算すれ、確率が求められるんだから、心配することはないんだ。
条件に当てはまる場合の数と全体の場合の数を計算できるようになれば大丈夫。

例として、箱からボールを選ぶときの確率を見てみよう。

内容を理解すれば、それぞれの場合の数を計算するのは無理がないですね。

僕も確率に対して、苦手意識がなくなりそうです。
難しく考えすぎてました。

この場合はどうだろう。
場合の数の計算が変わるだけだから、できたかな。

そうですね、場合の数の計算がわかれば問題ないないです。

確率がわかってきたように思います。




確率

Posted by admin